美容

  • HOME >>
  • 男性ホルモンの一種であるテストステロンの

男性ホルモンの一種であるテストステロンの

男性ホルモンの一種であるテストステロンの働きにより、男性はがっちりした骨格や筋肉を形作ることができます。


そして、髭や体毛、太い濃い髪を生やすこともできるのです。
ですが、ある男性ホルモンが過剰に分泌されるようになると、男性がよくなってしまうタイプの薄毛になり、更に進んで、成人男性に多いタイプの男性型脱毛症を起こすことになるでしょう。ですから、病院で出される医薬品や、市販の育毛剤などの育毛製品には、男性ホルモンの分泌を抑える成分が入っていることが、多いそうです。ただし、薄毛や脱毛症を起こす男性ホルモンはテストステロンではなく、そこから変化したDHT(ジヒドロテストステロン)です。これの活性化が薄毛へと向かうことがわかってきておりますので、テストステロンをDHTに変えてしまう、5αリダクターゼという酵素を抑制することが大事だと言われているようです。育毛促進と歩行運動の間には、全然関連性がないと思われがちかもしれませんが、徒歩運動をすると毛髪の成長が促進されるでしょう。
十分な運動を行っていないことも髪の毛が薄くなっていく理由の一つであると言われていて、徒歩運動などといった軽めの活動を習慣的に行うことで、血流が促進されて健康的な髪の育成が図りやすくなるのです。



気楽な気持ちでスタートできるエクササイズですから、必ずご実践いただきたく思います。いきなり、音楽を聴くことで毛が生える!と言われても、驚く人も多いでしょう。ところが、実際には、ヒーリングミュージックなどの視聴によっていいガス抜きとなり、ストレスの解消に役立ち、免疫力の向上が期待できるという説があるのです。穏やかな精神状態であることで、抜け毛を減らして、育毛に繋がるでしょう。まずは気軽に音楽療法を試してみましょう。



乱れた食生活や睡眠サイクルなどを続けていると、健康的な発毛サイクルに悪影響を与えて抜け毛を増やすばかりか、回復の阻害因子となってしまいます。育毛を考えているのであれば、生活習慣の改善もあわせて行いたいものです。なかでも大事なのは、食事と睡眠でしょう。


栄養バランスの悪い食生活や過度の飲酒、睡眠不足などごく日常的なことの不摂生は、短期的であれば回復できますが、長期的に続けていると、頭皮や抜け毛に対して深刻な影響力を持ちますので、改善するようにしましょう。なんとなく気をつけるより、日常のメモも効果が高いようです。



摂取している水分量を記録した人が外回りの日よりデスクワーク時の水分不足が判明して水のペットボトルを常備するようになったり、飲酒翌朝の抜け毛を記録した人はあらためてその多さに気づいたり。
あとはメモをとらなくても自分で調整できるようになるので、試してみてはいかがでしょう。
あくまでも乱れた生活サイクルを放置したままで、育毛薬の効能を満足に得られるかというと、正直言って難しいことだと思います。



マイナスの上にプラスを重ねることで、いくらかの効果が得られるとしても、トータルでマイナスが多ければ、もったいないことだと思いませんか。



頭皮のマッサージを続けると次第に頭皮が良好な状態になって髪が生える可能性が増えるはずです。マッサージする際、爪をたてて行うとデリケートな頭皮に傷をつけてしまうので、指の腹を使い、優しく揉むようにしましょう。



シャンプーの時、頭皮マッサージをすると頭も同時に洗うことができて一石二鳥です。

育毛の効果が出るまで根気強く続けるようにすることです。
髪を元気にして、少しでも増やしていきたいと考えているなら、基本的な髪の毛の育て方を知ることから始めましょう。

何が原因で髪が抜けてしまうのかを学び、必要な対処をしない限り、どんなに高い育毛剤であっても、効果的には作用してくれません。毎日の生活や食事内容、ヘアケアのやり方などについて、今一度、育毛の基礎からチェックして、頭髪を元気にしていきましょう。毎日の頑張りが欠かせません。これから育毛していきたいと考えているのなら、血行促進を意識するようにしてください。貧血だったり血液の流れが悪いと、新陳代謝が落ちてますます血行が悪くなるだけでなく、髪の維持や発毛に必要とされる栄養が毛根に運ばれず、老廃物がたまりがちになって、育毛の効果が得られにくくなります。水分補給を怠らず、血液をサラサラにして血行を妨げない生活習慣で代謝を良くしていきましょう。

適度な飲酒は血行を良くしますが、おつまみなどで塩分過多になったり食べ過ぎたりもします。
暴飲・暴食や、喫煙のように血管を収縮させる習慣を控え、適度な運動も効果的ですが、時間のない人でもストレッチやマッサージなら日常生活の中に取り入れやすいでしょう。「なんとなく」から血行を意識した生活にすることで、育毛効果が上がるので、できることからはじめてみてください。
加齢に伴う悩みの代表的なものの一つに、薄毛の進行や抜け毛の増加など、毛髪に関係するものがあります。
原因として考えられるのは、加齢、遺伝、不規則な生活や偏った食事などで、いろいろありそうです。
薄毛や脱毛量の増加で悩み過ぎて、精神的なストレスを感じて、さらに薄毛が悪化、というような人もいるそうです。ところで近頃、素晴らしい効きの良さでとても注目されているのが、プロベシアです。
プロペシアは服用して使います。



男性型脱毛症、いわゆるAGAのための薬です。


効果は高いようですが、ただその分、副作用の恐れも考えないといけません。


PAGE TOP

Copyright (C) 2014 脱活! All Rights Reserved.